TOP > 育毛剤について > 育毛剤が効果を発揮するまでの期間と製品の種類

育毛剤が効果を発揮するまでの期間と製品の種類

 育毛剤が効果を発揮するのは、やや時間がかかります。
少なくとも即日で髪の毛が増える訳ではありません。
例えば育毛の製品を使い始めたのは、6月2日であるとします。
その6月2日というタイミングに、一気に髪の毛が増える訳ではありません。
また6月3日や10日でもなく、もう少し長い期間が必要です。
では、具体的に何日程度で効果が発揮されるかというと、3ヶ月程度は様子を見る必要があります。
数日や数週間など短期で効果が発揮されるのではなく、ある程度長い目で見るのが望ましいです。
ただ、それも個人差はあります。
体質や相性の問題はありますから、自分にとって最適な育毛剤を選ぶのが望ましいです。
最適でない製品を選んでしまいますと、やや長期化してしまう傾向があります。
例えば生え際が少ない時などは、ホルモン抑制の効果がある製品がおすすめです。

 男性の場合は、生え際が少なくて悩んでいるケースが多いです。
正面から見るとMの字の形になっていて、何とかして解消したいと思っている男性も少なくありません。
なぜ生え際が少なくなるかと言うと、主に男性ホルモンです。
髪の毛の状態は、ホルモンバランスに左右される傾向があります。
体内には男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、その2つのバランスが取れていれば、生え際は少なくなりづらいです。
ところが何らかの原因によってホルモンが偏ってしまうと、上記のようなM字型になってしまう傾向があります。
ですから生え際が減ってしまった時は、ホルモンバランスを整えてあげる必要があります。
幸いにも育毛剤によっては、男性ホルモンを抑制してくれる効果があります。
ですから生え際が少ない時は、育毛剤を使ってあげるのが望ましいです。

 それで上記のポイントは、「男性ホルモン抑制効果」がある製品を使うべき点です。
そもそも育毛剤と言っても、色々な種類があります。
女性用の製品もあれば、血液の流れを改善してくれる効果がある製品などがあります。
生え際が少ない状態で女性用の製品を使っても、効果は限定されてしまう事が多いです。
女性用の製品は、男性ホルモン抑制というより保湿効果が強いからです。
効果はゼロではないにしても、生え際が改善されるのは、かなり時間がかかってしまいます。
しかしバランスの抑制効果がある育毛剤なら、短期間で効果を発揮してくれる事も多いです。
逆に女性の場合は、むしろ女性用の育毛剤を使ってあげるのがおすすめです。
育毛剤には色々なタイプがある訳ですから、短期間で効果を発揮してほしい時は、各タイプの特徴をよく比較した上で製品を選ぶと良いでしょう。

次の記事へ